三貴起業家育成会のビジネスモデル

そうじ業は、社会になくてはならない仕事

今、そうじ業は時代のニーズにあったビジネスとして、世の中に求められています。
家庭で、オフィスで、自分でそうじをやらない人達が多くなり、そうじ業者が必要な時代となりつつあります。

建物は壊すよりも建てる方が多い。また、そうじをすることで価値の維持をし、古くなれば、内装・リフォームをしなくてはならない。
従ってハウスクリーニングは需要こそあれ、なくなることはありません。

10年前は主婦や従業員がそうじを行っていました。 現在、そうじもお金を払って済ませる時代になってきています。
おそうじを依頼してくる人の理由

そうじを依頼してくるお客様は、どのような方々で、その理由は一体、どのようなものなのでしょうか?
そうじ業がビジネスとして、成り立つ要因が見えてきます。

仕事の内容、お客様と理由に分類して、傾向をまとめてみます。

  • case1
    仕事内容 家庭清掃
    お客様 主婦/単身生活者/お年寄り/社員寮
    理由 できない
    やりたくない
    時間がない
    頼んだ方が楽だ
    きれいになる
  • case2
    仕事内容 引越清掃
    お客様 引越する人/不動産業者
    理由 汚したまま出たくない
    不動産屋に言われた
    そうじが済まないと部屋が貸せない
    自分ではできない
    資産価値が下がる
  • case3
    仕事内容 店舗・事務所清掃
    お客様 経営者/管理者
    理由 従業員ではできない
    自分でやる時間がない
    人手不足
  • case3
    仕事内容 新築・中古清掃
    お客様 建設業者/建築業者/施行業者/
    仲介業者/個人オーナー
    理由 工事まではやるが、そうじはやらない
    人手不足
    人を雇うより業者に頼んだ方が安い
    仕上がりがきれい
ページトップへ